pickup

インボイスとは?書き方や種類、必要なときはいつ?

日本から海外へ荷物を送付する際に必要になるのがインボイス(Invoice)です。 インボイスは海外へ荷物を送付 […]

pickup物販

日本から海外へ荷物を送付する際に必要になるのがインボイス(Invoice)です。
インボイスは海外へ荷物を送付する際に添付が必要になる書類なので、海外進出を検討している方はしっかりと理解しておきましょう。
インボイスがどのようなものか、なぜ必要なのか、どういったときに必要なのかまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

インボイスとは

貿易において、「インボイス」は避けて通れません。
インボイスとは単に「送り状」「仕入書」とも呼ばれ、日本から海外に荷物を送付する際に必要となります。
送り状ですので、その中には、発送先や発送元の名前、住所、連絡先はもちろん、送付する荷物の商品分類や数量、単価などなど、様々な項目が記載されています。
荷物が関税対象の場合は、インボイスを基に輸入国側から輸出国側に関税を支払います。

インボイスの書き方

では実際にインボイスを書くときに、何をどう書けば良いのでしょうか。
参考までに……ですが、日本郵便の公式ホームページでは、インボイスの記入方法について記載されたものがあるので、こちらを参照してください。

【引用:日本郵便のインボイス記入例】
1.差出人の氏名と住所、電話番号を正確に記入してください。

2.受取人の氏名と住所、電話番号を正確に記入してください。

3.インボイスの作成年月日と作成地を記入してください。

4.小包ラベルもしくはEMSラベルの番号を記入してください。

5.発送手段を記入してください(国際小包の場合「Parcel Post」、EMSの場合「EMS」、その他の場合「International Mail」と記入)。

6.該当する箇所をチェックしてください。

7.内容品について具体的な品名、正味重量、数量、単価、品名ごとの総額、合計額を記入してください(「生活用品」など曖昧な記入は避ける)。

8.通貨を明記してください(JPY、US$など)

9.内容品の外装の総個数、総重量、原産国名を記入してください。 10.差出人の署名を記入してください。

▼参照URL

インボイスについて – 日本郵便

このとき、内容品の記載(Description)は、商品名ではなく、商品の分類を記入してください。通関にて、一目で何の荷物かが分かることを心がけましょう。
上記例は日本郵便の例です。貿易では配送サービスによってフォーマットが違う場合があります。利用するサービスのフォーマットを都度参考にしましょう。

インボイスの種類

一口にインボイスと言っても、様々な種類があります。
ここでは、主な4つを紹介します。

1.プロフォーマ・インボイス(Proforma Invoice)

プロフォーマ・インボイスは「仮送り状」とも言われ、見積書と同様の役割を果たします。
もし輸出先の国が事前の輸入許可を義務付けている場合、輸出者が輸出先の買主へ事前にプロフォーマ・インボイスを送付することがあります。
荷物は輸出毎に価格などが変動する可能性があるので、通常プロフォーマ・インボイスは正式なインボイスとして使用しません。

2.コマーシャル・インボイス(Commercial Invoice)

コマーシャル・インボイスが、前項までにお話したインボイスです。
輸出入者名、製品価額、支払い条件などが記載された、貿易事業で一般的にインボイスと呼ばれているものです。
税関ではこれらの書類により、貨物の中身を把握し、税関検査の有無判断や関税の算出を行います。
もしコマーシャル・インボイスの記載内容に事実と異なる内容がある場合、通関手続きが保留になり、荷物の輸送に大きな障害となることもあるので注意が必要です。

3.シッピング・インボイス(Shipping Invoice)

シッピング・インボイスとは、その名の通り、船(Ship)での積荷経費を輸入者に請求する際に使用するインボイスです。
日本で言う納品書であったり、配送指示書のようなものですが、実際の取引決済に活用するとなると、書類有効性は低くなっています。

4.カスタムズ・インボイス(Customs Invoice)

カスタムズ・インボイスは日本語で税関送り状とも言われる、税関向けの書類です。
輸出先(輸入国)の国へ荷物を送るとき、その荷物に対して適正な課税価格を決めるために必要な書類となります。

インボイスが必要なとき

海外に荷物を送る際、ほとんどの場合でインボイスの作成が必要と言っても良いでしょう。
利用する配送サービスによってテンプレートは異なりますが、発送元や発送先の情報、また送付する荷物の寸法や重量は必須です。

参考までに、日本郵便の国際配達サービス(EMS)において、インボイスが必要な国、また必要な書類をまとめたページがあります。

取扱い国

必要書類等
業務用書類等を送る場合 物品を送る場合
種別 税関告知書CN22

税関告知書CN23

インボイス その他の条件
インド 税関報告書CN22 全ての物品 1 1 インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス
韓国 商業物品 いずれか1通 1 インボイスは商業インボイス
商業物品以外 必要に応じて1通 インボイスは見積もりインボイス
シンガポール 全ての物品 いずれか1通 1
タイ 税関報告書CN22 全ての物品 いずれか1通 1
台湾 全ての物品 1 必要により1通
中国 全ての物品 いずれか2通 1 インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス
フィリピン 税関報告書CN22 全ての物品 いずれか1通 1
ベトナム 全ての物品 1 1
香港 全ての物品 1 1 インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス
アメリカ 税関報告書CN22 商品 1 2 インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス
その他 いずれか1通
カナダ 税関報告書CN22 商品 いずれか1通 3 必要な場合は原産地証明書
その他  
メキシコ 全ての物品 2 1

インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス

場合により原産地証明書

ブラジル 税関報告書CN22 全ての物品 いずれか1通 1 必要により、原産地証明書又は防疫証明書
イギリス 税関報告書CN22 全ての物品 いずれか1通 1 インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス
フランス 「No Commercial Value」の記載、税関告知書CN22 贈物及び商品価値のない商品見本 3 インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス
商品価値のあるもの、その他 3 インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス
ドイツ 税関告知書CN22 全ての物品 2 1
ロシア 税関告知書CN22 全ての物品 3 1

インボイスは見積もりインボイス又は商業インボイス

必要により、輸入許可証、各種証明書

個人が商品を送付する際は商品の購入が確認できる領収書の写し

エジプト 商品見本、商品 いずれか2通 1
その他 税関告知書CN22の上部を添付する
南アフリカ共和国 全ての物品 いずれか1通
オーストラリア 商品見本、商品 いずれか1通 1
その他
ニュージーランド 税関告知書CN22 全ての商品 いずれか1通 1 インボイスは見積もりインボイス又は無料インボイス

▼参照URL
発送に必要な書類 – 日本郵便

インボイスの申請時、価格などに不備があると余計に加算税と呼ばれるものを取られたりします。
正しい情報をリサーチして、後から損をしないように作成には十分注意しましょう。