pickup

猿田彦コーヒーが海外初進出 台湾に出店へ

東京・神奈川に店舗を持つ、「東京・恵比寿のスペシャリティコーヒー専門店 猿田彦珈琲」を運営する猿田彦珈琲株式会 […]

pickup台湾ビジネス情報

東京・神奈川に店舗を持つ、「東京・恵比寿のスペシャリティコーヒー専門店 猿田彦珈琲」を運営する猿田彦珈琲株式会社が2018年9月30日に海外初出店となる「猿田彦珈琲 台北南西店」をオープンします。

 猿田彦珈琲は、2011年6月に恵比寿で誕生し、オーナー自らが現地に足を運び購入したこだわりの豆を使用した自家焙煎のコーヒーを提供しています。「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」をスローガンに日本で約10店舗が営まれ、今回11店舗目となる台北南西店を出店することとなりました。この台北南西店は、台湾の誠品グループと猿田彦珈琲株式会社が設立した合弁企業である「吉袺股份有限公司」運営・管理を行います。

 誠品グループは、1989年に台北仁愛円環で誠品書店の第1号店が誕生したことをきっかけに、中華圏の社会でもっとも影響力を持ち、ユニークな文化クリエイティブのリーディングブランドを目指し、文化的な教養の向上に貢献している企業です。

 「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」を目指す株式会社猿田彦珈琲と「雰囲気と空間の美しさを重視し、人と文化への関心をより大切にする」誠品グループの両者に共通する「おもてなし」の心と素敵な空間、おいしいコーヒーで台湾のお客様の心を癒すこととなるでしょう。

 「猿田彦珈琲 台北南西店」は、2018年9月30日にグランドオープンする商業施設

「誠品生活南西店」の1階に店舗を構えます。台北MRT「中山駅」から徒歩1分という便利な立地、大きなキッチンカウンターとキッチンカウンターを抜けると現れるソファ席、ゆったりとした時間の中で、こだわりのおいしいコーヒーを味わうことができます。

 商品は、日本店舗と同様の豆を使用し、ハンドドリップやカフェラテ、フラッペなどを提供するほか、調布店の人気メニュー「寿太郎のホットケーキ」、台湾限定のオリジナルブレンドや現地のフルーツを取り入れたフラッペも提供される予定です。

 

【猿田彦珈琲 台北南西店について】

所在地:臺北市中山區南京西路14號

(台北MRT「中山駅」1番出口より徒歩1分)

営業時間:日曜日~木曜日 11:00~22:00

     金曜日~土曜日 11:00~22:30

定休日:無し

座席数:24席